つながるねりまカレッジロゴ つながるねりまカレッジロゴ

TOPページ > 登録団体お知らせ一覧 > 登録団体お知らせ詳細情報画面

掲載日 2021年3月4日

豊田直巳 講演会「チェルノブイリから福島」

お知らせ内容
豊田直巳 講演会「チェルノブイリから福島~原発災害をどう記憶し、心に残し、震災後をどう生きるか」 2021年4月24日(土)13:00~15:00 ◆会場:Zoomによるオンライン開催 ◆定員:200名 ◆申込締切: 4月24日(土)9:00 ◆申込先URL: https://sites.google.com/view/palsystem-tokyo/fukushima ◆問合せ先:Eメール paltokyo-seisaku@pal.or.jp (パルシステム東京 政策推進課) ※申込時記載のメールアドレスにZoomミーティングのURLと詳細が届きます。 ◆参加費:無料 【主催】チェルノブイリ子ども基金 未来の福島こども基金 【後援】生活協同組合パルシステム東京 ★講演 豊田直巳(とよだ なおみ) フォトジャーナリスト。ドキュメンタリー映画監督・制作。JVJA(日本ビジュアルジャーナリスト協会)会員。平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞受賞(2003年)。 2011年2月にチェルノブイリを取材、東日本大震災の福島第一原発事故の直後から現地入りし、現在も原発事故被害の取材を続けている。 *写真集、著書:『百年後を生きる子どもたちへ』(農文協)、『福島 原発震災のまち』(岩波書店)、『それでも「ふるさと」全三巻』(農文協)第66回参詣児童出版文化賞を受賞、他多数 *映画:『サマショール 遺言 第六章』2021年2月より全国劇場にて順次公開 ★支援活動の報告 「未来の福島こども基金」代表 黒部信一 「チェルノブイリ子ども基金」事務局長 佐々木真理 原発事故による被害とともに、コロナ禍でさらに困難な状況にあるチェルノブイリと福島の子どもたちへの支援を呼び掛けるために、この講演会を開催します。
添付ファイル
1614825437_福島 2.jpg 1614825437_チェルノブイリ2.jpg

TOPページ > 登録団体お知らせ一覧 > 登録団体お知らせ詳細情報画面